Genome ELSI Kyoto 2017 International Symposium on Genomics and Society

この国際シンポジウムは、海外から著名なELSI研究者を招聘し、ELSIについて議論を深めることを目的としています。バイオバンク、国際的データ共有、結果開示、偶発的所見など、新たに生じつつある最先端の諸問題を取り上げながら、海外の動向の紹介や日本との比較を通じて、ゲノム研究と社会についてじっくりと討議し、その未来を考えていきます。ELSIという分野が生まれたころから活動してきた研究者から、若手の研究者まで、またバックグラウンドも、哲学・法学から医学・生命科学まで、様々な方面の研究者が集まる会になります。この貴重な機会に是非ご参加頂きたく存じます。

日時:11月13日(月)15:00~18:30 
                14日(火)9:30~18:30

場所:京都烏丸コンベンションホール
         京都府京都市中京区烏丸通六角下る七観音町634

主催

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 「先導的ELSI研究プログラム」
「学際連携に基づく未来志向型ゲノム研究ガバナンスの構築」
研究代表者:加藤和人(大阪大学 教授)

プログラム

11月13日(月)15:00~18:30  Opening session
                                           ・Plenary overview of the current challenges

11月14日(火)09:30~11:30  Morning session
                                           ・ELSI development: past, present and future
                                           ・Research agenda review
                       13:00~14:00  Poster session
                       14:00~15:30  Afternoon session 1
                                           ・Global data sharing and privacy
                                           ・Return of results and incidental findings
                       16:00~17:30  Afternoon session 2
                                           ・Informed consent and ethics review
                                           ・Patient trust and engagement in regional biobank
                       17:45~18:30  Wrap-up session

※プログラムの詳細は変更される可能性があります。

招待講演者

Eric Juengst (University of North Carolina)
Donald Chalmers (University of Tasmania)
Jane Kaye (HeLEX, University of Oxford)
Alastair V. Campbell (National University of Singapore)
Anna Middleton (Sanger Institute)
Ainsley Newson (University of Sydney) 他

参加申し込み方法について

参加申し込みはメールで承っております。sendoelsi@eth.med.osaka-u.ac.jpにお名前とご所属を記載してお送り下さい。担当の者より折り返しご連絡させて頂きます。
※定員に達した場合は申し込みを締め切る場合があります。