山本 奈津子

山本 奈津子
データビリティフロンティア機構特任講師

奈良女子大学大学院博士課程修了。理学博士。京都大学ウイルス研究所、奈良先端科学技術大学院大学では、ゲノム研究(大腸菌)に従事。その後、京都大学人文科学研究所でiPS細胞の倫理について研究を行い、現在は、ヒトゲノム情報の保護やプライバシー、生物ゲノム情報の適切な取扱い(ゲノム編集や生物多様性条約に基づく利益分配等)について、法規制や倫理面の研究を行っている。

【論文】

2018. The inclusion of genomic data in the 2015 revision of Japan's Protection of Personal Information Act: protection of wider range of genomic data as our next challenge.
Yamamoto N, Fujita T, Kawashima M, Wittig J, Suzuki M, Kato K.
J Hum Genet. 2018 Jan 29. doi: 10.1038/s10038-017-0409-4. [Epub ahead of print]

2017. 遺伝/ゲノム情報の改正個人情報保護法上の位置づけとその影響
藤田卓仙, 山本奈津子, 米村滋人
情報ネットワーク・ローレビュー Vol.15, 52-81, 2017.

2017. Combinatorial selection for replicable RNA by Qβ replicase while maintaining encoded gene function
Mio Yumura, Natsuko Yamamoto, Katsushi Yokoyama, Hirotada Mori, Tetsuya Yomo, Norikazu Ichihashi
PLoS ONE https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174130 March 22, 2017

2016. ヒトゲノムデータの保護と利用に向けた仕組みづくり
加藤和人,山本奈津子. 実験医学, 34(16), 2670-2671.

2015. 個人の遺伝情報の保護における国レベルでのルール形成に向けた試論
―個人情報保護法とその改正法を中心に
山本奈津子・鈴木正朝・川嶋実苗・藤田卓仙. 医療・生命と倫理・社会 第12号, 115-123 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/OJ_files/journal.html

2015. How should the legal framework for the protection of human genomic data be formulated?―Implications from the revision processes of the Act on the Protection of Personal Information (PPI Act).
Natsuko Yamamoto, Minae Kawashima, Takanori Fujita, Masatomo Suzuki and Kazuto Kato. Journal of Human Genetics , (15 January 2015). doi:10.1038/jhg.2014.121 http://www.nature.com/jhg/journal/vaop/ncurrent/full/jhg2014121a.html

2015. GenoBase: Comprehensive resource database of Escherichia coli K-12.
Otsuka, Yuta; Muto, Ai; Takeuchi, Rikiya; Okada, Chihiro; Ishikawa, Motokazu; Nakamura, Kouichiro; Yamamoto, Natsuko; Dose, Hitomi; Nakahigashi, Kenji; Tanishima, Shigeki; Suharnan, Sivasundaram; Nomura, Wataru; Nakayashiki, Toru; Aref, Walid; Bochner, Barry; Conway, Tyrrell; Gribskov, Michael; Kihara, Daisuke; Rudd, Kenneth; Tohsato, Yukako,; Wanner, Barry; Mori, Hirotada.
Nucl. Acids Res. (28 January 2015) 43 (D1): D606-D617. doi: 10.1093/nar/gku1164http://nar.oxfordjournals.org/content/43/D1/D606.long

2014. ヒトゲノム情報は21世紀の"新しい石油"となるか?
---パーソナルゲノム時代の倫理的・法的・社会課題
山本奈津子. 医学のあゆみ 第251巻 第3号, pp207-212. 

2013. Development of a system for discovery of genetic interactions for essential genes in Escherichia coli K-12.
Han Tek Yong, Natsuko Yamamoto, Rikiya Takeuchi, Yi-Ju Hsieh, Tom M. Conrad, Kirill A. Datsenko, Toru Nakayashiki, Barry L. Wanner, Hirotada Mori.
Genes & Genetic Systems Vol. 88 No. 4, P 233-240

2012. Investigating the effects of perturbations to pgi and eno gene expression on central carbon metabolism in Escherichia coli using 13 C metabolic flux analysis.
Yuki Usui, Takashi Hirasawa, Chikara Furusawa, Tomokazu Shirai, Natsuko Yamamoto, Hirotada Mori and Hiroshi Shimizu.
Microbial Cell Factories 2012, 11:87

2010. The Escherichia coli K-12 ORFeome: a resource for comparative molecular microbiology.
Rajagopala SV, Yamamoto N (First author, Contributed equally), Zweifel AE, Nakamichi T, Huang HK, Mendez-Rios JD, Franca-Koh J, Boorgula MP, Fujita K, Suzuki K, Hu JC, Wanner BL, Mori H, Uetz P.
BMC Genomics. 2010 Aug 11;11:470.

2009. Update on the Keio collection of Escherichia coli single-gene deletion mutants.
Natsuko Yamamoto, Kenji Nakahigashi, Tomoko Nakamichi, Mihoko Yoshino, Yuki Takai, Yae Touda, Akemi Furubayashi, Satoko Kinjyo, Hitomi Dose, Miki Hasegawa, Kirill A Datsenko, Toru Nakayashiki, Masaru Tomita, Barry L Wanner, Hirotada Mori.
Mol Syst Biol 5 Article number: 335 doi:10.1038/msb.2009.92.

2008. A tool-kit for high-throughput, quantitative analyses of genetic interactions in E. coli.
Typas A, Nichols RJ, Siegele DA, Shales M, Collins SR, Lim B, Braberg H, Yamamoto N, Takeuchi R, Wanner BL, Mori H, Weissman JS, Krogan NJ, Gross CA.
Nat Methods 5(9):781-7.

2008. eSGA: E. coli synthetic genetic array analysis.
Butland G, Babu M, Díaz-Mejía JJ, Bohdana F, Phanse S, Gold B, Yang W, Li J, Gagarinova AG, Pogoutse O, Mori H, Wanner BL, Lo H, Wasniewski J, Christopolous C, Ali M, Venn P, Safavi-Naini A, Sourour N, Caron S, Choi JY, Laigle L, Nazarians-Armavil A, Deshpande A, Joe S, Datsenko KA, Yamamoto N, Andrews BJ, Boone C, Ding H, Sheikh B, Moreno-Hagelseib G, Greenblatt JF, Emili A.
Nat Methods 5(9):789-95.

2007. Crystal structure of AcrB in complex with a single transmembrane subunit reveals another twist.
Törnroth-Horsefield S, Gourdon P, Horsefield R, Brive L, Yamamoto N, Mori H, Snijder A, Neutze R.
Structure 15(12):1663-73.

2006. Large-scale identification of protein-protein interaction of Escherichia coli K-12.
Arifuzzaman M, Maeda M, Itoh A, Nishikata K, Takita C, Saito R, Ara T, Nakahigashi K, Huang HC, Hirai A, Tsuzuki K, Nakamura S, Altaf-Ul-Amin M, Oshima T, Baba T, Yamamoto N, Kawamura T, Ioka-Nakamichi T, Kitagawa M, Tomita M, Kanaya S, Wada C, Mori H.
Genome Res 16(5):686-91.

2005. Abrupt increase in UV sensitivity at late log-phase of growth in Paramecium tetraurelia.
Yamamoto N, Komori R, Takagi Y.
J Eukaryot Microbiol 52(3):218-22.

1997. Changes in UV sensitivity with cell cycle, clonal age, and cultural age in Paramecium tetraurelia.
Yamamoto N, Hayashihara K, and Takagi Y.
Zoological Science 14:747-752.

【総説】

2018. <続>改正個人情報保護法でゲノム研究はどう変わるか?
山本奈津子,川嶋実苗,清水佳奈,片山俊明,荻島創一. 実験医学 36(13), 2260-2268.

2017. 改正個人情報保護法でゲノム研究はどう変わるか?
清水佳奈,山本奈津子,川嶋実苗,片山俊明,荻島創一. 実験医学, 35(4), 600-605

2007. 「大腸菌ゲノムの体系的機能解析から探る細胞の基本分子機構」
山本奈津子,森浩禎. 実験医学 Vol. 25, No. 2, 22-27.

【書籍】

2018. 「生命倫理と生物科学」
山本奈津子
『新しい生物科学』(弥益恭,中尾啓子,野口航共編, 培風館)第13章 2018年5月11日発行

2011. Towards Elucidation of the Escherichia coli K-12 Unknowneome.
Tohsato Y, Yamamoto N, Nakayashiki T, Takeuchi R, Wanner BL and Mori H.
In Daisuke Kihara (ed) PROTEIN FUNCTION PREDICTION FOR OMICS ERA, 289-305, Springer-Verlag.

2009. Resources for Escherichia coli Systems Biology
Hirotada Mori, Natsuko Yamamoto, Hitomi Dose, Kenji Nakahigashi, Kirill A. Datsenko and Barry L. Wanner  In Sang Yup Lee (ed) Systems Biology and Biotechnology of Escherichia coli, 87-97, Springer, 2009  ISBN:978-1-4020-9393-7, DOI: 10.1007/978-1-4020-9394-4

【翻訳】

2014. Framework for Responsible Sharing of Genomic and Health-Related Data
(ゲノム及び健康関連データの責任ある共有に関する枠組み)
翻訳:山本奈津子、川嶋実苗 監修:加藤和人、吉澤剛
http://genomicsandhealth.org/about-the-global-alliance/key-documents/
framework-responsible-sharing-genomic-and-health-related-data

【講演】

2018. ヒトデータ研究における個人情報とプライバシー保護の動向
山本奈津子
第1回ビッグデータ社会技術研究会. 2018年6月15日(大阪大学生命科学図書館).

2017.非制限公開データベースへのデータ提供について -AMED臨床ゲノム情報統合データベース整備事業の経験から
山本奈津子
第37回医療情報学連合大会・第18回日本医療情報学会学術大会 チュートリアル, 2017年11月20日(大阪).

2017.研究倫理指針改正後の倫理審査とインフォームド・コンセントの課題
山本奈津子
日本人類遺伝学会第62大会 シンポジウム「ヒトゲノム研究から個人情報保護法を考える -次期改正に向けて」, 2017年11月16日(神戸).

2017.How the amendment of Japan’s Act of Protection of Personal Information(PPI Act) effects the use of genomic data
Natsuko Yamamoto
International Symposium on Genomics and Society (Genome ELSI Kyoto 2017),2017年11月14日(京都).

2017.個人情報保護法と研究倫理指針の改正に伴う試料・情報の取扱いの変更点について
山本奈津子
石川県立看護大学倫理研修会, 2017年7月6日(石川).

2017.個人情報保護法の改正について(パネリストとして話題提供)
山本奈津子. 文部科学省新学術領域 市民公開シンポジウム「生命科学研究の最前線~いのちのしくみに迫り、健康を守る~」, 平成29年1月15日(東京).

2017.Recent legislative efforts to balance the use of large-scale personal genomic data and the protection of privacy in Japan.
Natsuko Yamamoto. Advanced Genome Science International Symposium “The start of new genomics”, 平成29年1月11日(東京).

2016.EUデータ保護の動向(パネリストとして話題提供)
山本奈津子. 第5回生命医薬情報学連合大会, 平成28年9月29日(東京).

2015.ゲノム解析研究倫理審査関係者と考えた多施設・共同研究の課題-ゲノム支援ゲノムELSIユニットの体験から.
山本奈津子. 研究倫理を語る会, 12月12日, 東京医科歯科大学.

2015.遺伝情報・ゲノム情報の取り扱いについて
ー個人情報保護法およびヒトゲノム指針の観点からー
2015年2月23日, 市立宇和島病院(愛媛).

2015.個人情報保護法の改正をめぐって
2015年2月28日, 第3回GMRCアドバンストセミナー(東京大学医科学研究所).

2013.iPS細胞研究と遺伝子・ゲノム研究の倫理的枠組みについて(市民向け)
2013年9月22日、清里庵(愛媛).

【司会・座長】

2018.介護や自閉症のケアに用いるロボットの現状を学び倫理的課題を考える
(ワークショップ司会 山本奈津子)
第9回倫理委員会委員・事務局向け研修会生命倫理トラック,平成30年2月17日, 大阪大学.

2017.ヒトゲノム研究から個人情報保護法を考える -次期改正に向けて
(シンポジウム座長 加藤和人, 山本奈津子)
日本人類遺伝学会第62大会 , 2017年11月16日(神戸).

2016.クリニカルシーケンス時代におけるゲノム情報の取扱いに関する課題 改正個人情報保護法と倫理指針、結果開示、データ共有を中心に
(公募ワークショップ企画、司会 山本奈津子)
第28回日本生命倫理学会年次大会, 平成28年12月3ー4日, 大阪大学.

【学会発表】(2010年以降)

2018. Making supportive guidance for gathering and sharing clinical and -omics data to develop next-generation medicine under the recent legislative efforts to protect personal information(ポスター発表)
Natsuko Yamamoto, Noriko Ohashi and Kazuto Kato
第22回国際ヒトゲノム学会 (Human Genome Meeting 2018) 3月12−15日(横浜).

2017.Creating new national variation databases and their regulatory environments in Japan(ポスター発表)
Natsuko Yamamoto and Kazuto Kato
14th International Symposium on Variants in the Genome, 6月5−7日、スペイン(サンチャゴデコンポステラ).

2016.Protection of genomic information by amended Japanese Personal Information Protection Laws(ポスター発表)
Natsuko Yamamoto, Kazuto Kato. American Society of Human Genetics 2016(Vancouver). 10月18~22日,(カナダ).

2016.ゲノム情報の改正個人情報保護法上の位置づけに関する考察(ポスター発表)
山本奈津子, 川嶋実苗, 藤田卓仙. 第36回医療情報学連合大会(第17回日本医療情報学会学術大会)、 平成28年11月21~24日(横浜).

2016.個人情報保護法改正の影響を考える(ワークショップ・オーガナイザー。学会論文集は以下の著者による)
藤田卓仙, 荻島創一, 三井純, 鈴木穣, 上原哲太郎, 山本奈津子, 川嶋実苗, 鈴木正朝.
第36回医療情報学連合大会(第17回日本医療情報学会学術大会)、 平成28年11月21~24日(横浜).

2016.Revisions of Japanese Personal Data Protection Laws and Challenges in Promoting Biomedical Research Using Human Genetic/Genomic Data(ポスター発表)
Natsuko Yamamoto. The 13th International Congress of Human Genetics (ICGC2016), 平成28年4月6日(京都).

2015.How can we ensure that medical and healthcare systems can adapt to the social challenges of using personal data? (口頭発表)
Natsuko Yamamoto. Translation in Healthcare ELSI2.0 Conference, 6月24日, オックスフォード大学, (イギリス).

2014. 個人ゲノム情報の取り扱いに関する倫理的、法的課題(ポスター発表)
山本奈津子、川嶋実苗、藤田卓仙、鈴木正朝
第59回日本人類遺伝学会 第21回日本遺伝子診療学会 合同大会
2014年11月19〜22日 (東京).

2014. ビッグデータ時代における医療等情報の取り扱い方針に関する検討(ポスター発表)
藤田卓仙、山本奈津子、川嶋実苗、鈴木正朝
第34回医療情報学連合大会 
2014年11月6〜8日 (千葉).

2014. Recent situation about rules of sharing, reuse and circulation of personal genome data in Japan(ポスター発表)
Natsuko Yamamoto
Europian Society of Human Genetics (ESHG) 2014 Annual Meeting
2014年5月31−6月4日 ミラノ(イタリア).

2013. A historical overview and a reflection on bioethical and ELSI activities for basic researches in human genetics and genomics in Japan(ポスター発表)
N. Yamamoto, K. Kato
American Society of Human Genetics (ASHG) 2013 Annual Meeting
2013年10月22−26日、ボストン(米国).

2012. ヒトゲノム研究に関する日本のELSI体制(ポスター発表)
山本 奈津子、英 芳和、加藤 和人
第35回分子生物学会年会、2012年12月11〜14日(福岡).

2011. Ethical and social issues extracted from the deliberative meetings by the scientists and the experts in Kyoto University on human pluripotent stem cell research. (ポスター発表)
Natsuko Yamamoto, Sosuke Iwae, Masahiro Kawakami and Kazuto Kato.
ISSCR 9th Annual Meeting,June 15 - 18, 2011,Toronto,Canada.

2011. iPS細胞研究における倫理とガバナンスの課題への取り組み(ポスター発表)
山本奈津子、岩江荘介、川上雅弘、加藤和人
第10回日本再生医療学会総会,2011年3月1〜2日(東京).

2010. iPS研究に伴う倫理的・社会的課題への取り組み(ポスター発表)
山本奈津子、岩江荘介、加藤和人
第33回分子生物学会年会、2010年12月7〜10日(神戸).

【メディア】

2014. 愛媛新聞2014年日曜版コラム(10回).

【委員】

平成27年4月1日~現在 奈良先端科学技術大学院大学 ヒト由来試料を用いた研究に関する倫理審査委員会 委員

平成28年4月1日~現在 長浜バイオ大学 研究倫理審査委員会 委員

平成27年4月1日~現在 日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会 ゲノムが作る新たな医療推進委員会 委員

平成28年4月1日~現在 全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会 Gene Driveワーキンググループ 委員

【非常勤講師】

平成28年4月1日~平成29年3月31日 
摂南大学 薬学部 非常勤講師(看護1年必修・生命倫理学担当)

平成31年4月1日~(予定) 関西医科大学 看護学部(平成30年度新設)(2年必修・倫理学担当)