三成 寿作

三成 寿作
助教

プロフィール

2010年、北九州市立大学大学院国際環境工学研究科を修了(博士(工学))。
個人のゲノム情報を取り扱う医科学研究の発展に伴う倫理的・法的・政策的側面について研究しています。特に、試料や情報を提供する研究協力者へのインフォームド・コンセントのあり方や国内外におけるゲノム情報の利活用・規制のあり方、研究の過程で見つかる医学的に有用な解析結果の研究協力者への返却のあり方等が主な興味の対象です。また、オックスフォード大学への短期留学(2014年)や、日本医療研究開発機構(AMED)への出向(2015年)等を含め、様々な経験を活かしながらアクティブに活動していきたいと考えています。

 

趣味・関心

二十歳の頃からタップダンスを習っています。また俵屋宗達の絵画や穐吉敏子のジャズピアノに日々感化されています。

最近の研究成果等

論文等の業績

1) V. Coathup, H. Teare, J. Minari, G. Yoshizawa, J. Kaye, M. Takahashi and K. Kato.
Using Digital Technologies to Engage with Medical Research: Views of Myotonic Dystrophy Patients in Japan. BMC Medical Ethics, 2016 (accepted).
2) D. Chalmers, D. Nicol, J. Kaye, J. Bell, A. V. Campbell, C. W. Ho, K. Kato, J. Minari, C. H. Ho, C. Mitchell, F. Molnar-Gabor, M. Otlowski, D. Thiel, S. M. Fullerton and T. Whitton. Has the Biobank Bubble Burst? Withstanding the Challenges for Sustainable Biobanking in the Digital Era. BMC Medical Ethics (Review), 17:39, 2016.
3) 三成寿作「パーソナルゲノム時代の解析データの共有-データ公開・共有方針と倫理的対応-」医療・生命と倫理・社会 Vol. 12, pp 105-114, 2015.
4) J. Minari, H. Teare, C. Mitchell, J. Kaye and K. Kato. The Emerging Need for Family-Centric Initiatives for Obtaining Consent in Personal Genome Research. Genome Medicine (Comment), 6:118, 2014.
5) J. Minari, D. Chalmers and K. Kato. Return of Genetic Research Results: the Japanese Experience and its Implications for the International Debate. SCRIPTed (Analysis), Vol. 11, pp 180-192, 2014.
6) G. Yoshizawa, C. W. Ho, W. Zhu, C. Hu, Y. Syukriani, I. Lee, H. Kim, D. F. Tsai, J. Minari and K. Kato. ELSI Practices in Genomic Research in East Asia: Implications for Research Collaboration and Public Participation. Genome Medicine (Review), 6:39, 2014.
7) J. Minari, T. Shirai and K. Kato. Ethical Considerations of Research Policy for Personal Genome Analysis: the Approach of the Genome Science Project in Japan. Life Sciences, Society and Policy, 10:4, 2014.
8) 三成寿作, 加藤和人「パーソナルゲノム時代の研究ガバナンス」 医薬ジャーナル, Vol. 50, pp 55-58, 2014.
9) 加藤和人, 三成寿作「パーソナルゲノム研究の倫理的課題」 BRAIN and NERVE, Vol. 65, pp 267-272, 2013.

・科研費等における採択課題(代表)

1) JSPS「若手研究(B)」:「パーソナルゲノム時代における研究協力者参加型アプローチに関する研究」(平成27-30年度(予定))
2) JSPS「若手研究(B)」:「パーソナルゲノム時代のデータ共有における調査・研究」(平成25-26年度)